You are currently viewing WhiteBox開発者ブログ 第01話「初めに」

WhiteBox開発者ブログ 第01話「初めに」

ご挨拶

初めまして。株式会社情報戦略テクノロジーのサルミアニッキです。

弊社で新しくサービスを立ち上げることになりました。

SES出身のITエンジニアが自社開発で技術選定からサービスローンチするまでの話を細々と書いていければと思います。

ブログを書く目的

QiitaやStack Overflowなど、開発するときに多くのITエンジニアの皆様にお世話になっているので、その恩返し(?)的に経験したことを発信したいと思っています。このブログを読んでいただいた方の役に立てればいいなぁと思っています。

また今回ローンチする予定の新規サービスは、いずれITエンジニア向けのBtoCサービスになる可能性もあるので、ユーザの皆様に少しでも親近感を持っていただきたいという思いもあります。

私の略歴・今の役割

新卒でSES会社に入り数回転職して合計約10年ほどSESを経験しました。

サーバサイドでは主にJavaやC#/VB.netを使う機会が多かったです。

フロントサイドではVanilla JS、jQuery、Vue.js+TypeScriptと時代の変化とともに使うものが変わっていきました。

インフラ周りは触ったことは殆どありません。結合テスト環境にデプロイするためにLinuxのコマンドをちょっと叩いたぐらいです。AWSやGCPにも縁がありませんでした。

個人学習でGoやTypeScriptやGCP(主にFirebase)には軽く触れていました。

約10年のSESを経てWhiteBoxチームに参画、そして今回新規サービス開発にも参画させていただく運びとなりました。今はクライアントサイド・サーバサイドの技術選定の候補を挙げることを任せていただいています。

SES時代はどの現場でもすでに決まった技術で開発していました。新規サービス開発自体は経験がありますがN次請けの立場だったので技術選定は終わっていました。なので技術選定からやるのは初めてです。10年以上仕事してきて技術選定に立ち会える、しかも主体的にできるチャンスはこれが初めてです。

部長からは「ビジネスのスピードも大事だがワクワクするものを取り入れてもいい」とも言われています。ありがたや。

私の上にプロダクトオーナーがいるので最終的にはプロダクトオーナーが判断します。なのでただ単にやりたい技術を候補に挙げるだけでなく、今回のビジネスに適用していいと納得してもらえる材料を揃えるために心の火を燃やしています。

これから発信したいこと

まずは新規サービスを開発することの楽しさ・苦しみをリアルにお伝えできればと思っています。0からシステムを作るのだから一筋縄ではいかない、それを読んで楽しんでいただければと思っています。

また、技術選定は自分がやりたいことを仕事で取り入れられる大きなチャンス、ということで技術選定が気になっている方もいらっしゃると思います。なので、成功失敗含めて色々お話ししていければと思います。

加えてSESでの経験が新規サービス開発に役に立ったところや、業務外で学習が必要だと思った部分についても触れていきたいと思います。

念の為

本投稿、及びこれ以降の投稿を含め、このブログは筆者の個人的見解に基づいているものであり、筆者が所属する会社の見解を示すものではありません。

サルミアニッキ

新卒でSES会社に入社し、そののち複数回の転職を通じてブラックな環境も含め色々経験。 SES業界歴は通算約10年。 サーバサイドでは主にJavaやC#/VB.net、フロントサイドではVanilla JS、jQuery、Vue.js+TypeScriptに触れる。インフラ周りは専門外。趣味は海外旅行。